上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
旅のつれづれ

最後に城崎から出石へ立ち寄りました。その後京都まで車で移動して新幹線で帰宅。
出石はお正月の用意風景
町の中心?にある辰鼓楼、出石の象徴である
0580shikokoro500.jpg

辰鼓楼前の蕎麦屋の湖月堂で皿そばを食べました。出石は皿そばが有名でわんこ蕎麦のように一口か二口づつ皿に盛って出される。わさび、ねぎ、卵、とろろなどを汁に混ぜて食べる美味しい蕎麦
0585sobayamae500.jpg

0597sarasoba500.jpg

蕎麦屋の窓の前が辰鼓楼でなかなか良かった。
0591sobayamado500.jpg

商店にはお正月用品や食料がたくさん出ていてもっといたい気分でした。昔はこのような風景がよく見ることが出来たが今は雰囲気すらない町が多い。
0576tougara500.jpg





スポンサーサイト
旅のつれづれ

伊根から城崎から出石に行きました。
以前も二度ほど行きましたが城崎の近くの玄武洞に寄りました。
0543genbukanban500.jpg

以前行ったときは囲いもなくぶらりと立ち寄れたようでしたが今はお土産屋さんや博物館のようなものもできてつまらなくなった気がしました。玄武洞の岩ももっときれいにエッジがあってすごかったような気がしました。
0542genbudo500.jpg

清龍洞と呼ばれているところはまだきれいに残っていて水面に映る影は美しかった。
0545seiryu500.jpg

0551seiryu500.jpg

城崎温泉は玄武洞のすぐ近くでみぞれが降って寒かったし旅館もまだ開いていないし時間を潰すのが一苦労でした。めぐり湯も旅館と同じ時間から開くようだし、観光商売と思えない温泉地でした。
0562kinosaki500.jpg







旅のつれづれ

その1では美山から伊根に行く途中でしたのでその続きで由良川から伊根に行きました。
奥伊根の油屋という旅館に着いたら昨日降った雪が屋根に積もっていてその向こうに若狭湾が見えました。
0460aburaya500.jpg

伊根湾のイカ釣り船の向こうに舟屋が見えます。とても寒いところでした。
0479ika500.jpg

0491ikafune500.jpg

舟屋の前には無数のカモメがゆったりとまっていました。
0499ine500.jpg

伊根から城之崎に行く途中日本海側の荒波は演歌に出てくるような暗い激しい波でしたが向こうに虹が出てほっとさせられる光景でした。
0522nami500.jpg

0527mami500.jpg






旅のつれづれ

H22年の終わりに一度行って見たかった京都のかやぶきの里、美山と丹後の伊根の舟屋に行きました。伊根に一泊して帰りは城崎温泉に一泊、出石に立ち寄って京都から帰宅しました。天気はみぞれや曇りが多く残念でした。

美山の里は例年はこの時期大雪だそうですがこの日は雪のかけらもありませんでした。
しかし寒さのためか村人はほとんど見かけませんでした。
0386miyama2500.jpg

わらぶき屋根の上は緑のコケがむしていました。屋根にはどのうちも家紋が入っているようでとても重厚な感じです。きっと歴史がずっと続いているのでしょう。
0395kamon500.jpg

昔ながらの生活がつづいているようで薪がどのうちもありました。
0411miyama500.jpg

バス停もきっと暖かい日だと誰かがのんびり話しをしながら待つのでしょう。
0416bus500.jpg

手作りハム工房というカフェに入りました。いろいろなソーゼージを盛り合わせたものとミルクを注文しました。無添加でハーブなど入ったものでした。そこのストーブがとても暖かそうでした。
0427cafe500.jpg

美山を出て伊根に向かう途中に丹後由良駅があります。北近畿タンゴ鉄道で由良川を渡って丹後由良駅に付く手前に由良川鉄橋があります。これが壮観で水面すれすれに電車が走っているように見えます。
0435yura500.jpg

なかなか電車がこないので帰ろうとしたら来たので走って引き返して撮りました、シマッタもう少し待っていれば良かった。
0441yuradensya500.jpg









パソコンで水彩画


メリークリスマス
2212usatoko500.jpg
油絵を学ぶ

22/9から描き始めたルノワール絵の模写が一応描きあがった。
いつもルノワールを描いていると同じようなパターンで段々納得できないものになる。

2212run2500.jpg
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。