FC2ブログ
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
メコン川クルーズ
ホーチミンからバスで2時間ミトーに着く船にてメコン川を渡りタイソン島にて下船。そこはまるで島全体が果樹園細い道の横にはバナナや見たこともないフルーツがなっていて驚く

この船は30人くらい乗れる
R0402mekon500.jpg

いろいろな果物が取れるのでそれでキャラメルを作っている、これはやしのキャラメルを作っている。なかなかおいしい
R0412kyarame500.jpg

タイソン島には場違いなところにお土産の店がありなんだかぎょっとする
R0417omise500.jpg

休憩所に村人がアオザイを着て子供や少女が日本の歌を唄ってくれる。チップは払わなくていいと言われたけど一番かわいい少女に1ドルを渡したが子供には渡さなかった。
R0426uta500.jpg

このような舟でメコン川の支流を渡る、船頭は2名で乗客は4名でチップは4名で2ドルなので船頭1名に1ドルだが重要な現金収入のようだ
R0436sendou500.jpg

メコン川の舟を降りて川沿いの料理店で昼食。海鮮料理でこれは象の耳という名前の魚のから揚げとてもおいしい魚だったうろこもチップスのようで食べられるが硬い
R0451ryouri500.jpg

これはサッカーボールのように揚げてあり、なんだか不明だが
R0455ryouri500.jpg

サッカーボールのようなものを切ると餅とも煎餅ともつかないものになるがモチモチ感がなんともいえず私は一番気にいりました。ここの料理は一番美味しかった
R0456ryouri500.jpg






スポンサーサイト
アンコールトム

アンコール遺跡の中にアンコール・トムがある。850年ほど前にジャヤバルマン7世によって構築された都市ということで、アンコール王朝最後の栄華を誇ったところそうだ。

入り口に象が・・観光用
R0131zou500.jpg

この狭い入り口から入るが車もここを通る
R0139iriguchi500.jpg

中は入り組んだ通路で人がすれ違うのも困難な場所もあるが石で作られた柱や彫刻で飽きることなく歩くことが出来る。ここに偶然写っているのは私たちのガイドさんで日本語ぺらぺらな上に知識も幅広く充実していたがカンボジアに入れ込みすぎの説明は多少気になった
R0149gaido500.jpg

アンコールワットと違ってトムは石を積み重ねてその上に彫刻がしてあるので石の重ね目がはっきり出ている。アンコールワットは同じ方法だが重ね目がまるで見えない。それにしても彫刻が延々と続き宗教の力はすごいがカンボジアの人は都合によってヒンズー教になったり仏教になったり以外とアバウトのようだ(ガイドさんが言っていた)
R0150hekiga500.jpg

あまりに有名なバイヨンの四面像三体一緒に見えるのは一箇所からで額縁のような通路から写す。全部微笑んでいる像である
R0155tom500.jpg

これは象のテラスと呼ばれているこの近くに王様の遺体の火葬場や安置所になっているようだが疲れてあまり説明が記憶に残っていない。気温は30度程度ということだが湿気が多くほこりまみれでこのあたりくたくただった
R0167zouterasu500.jpg

次の場所へは私たちはバスで移動したが観光者用にリンタクのようなバイタクのようなものがたくさんいて客待ちしている
R0168rintaku500.jpg

ここはタ・プロムと呼ばれる12世紀に建てられたものでジャングルであった証明でほとんどの建物の上に大木が・・熱帯樹林のあとを残す。あと5年もすればほとんど崩壊してしまうと言われているそうだ
R0176tapurom500.jpg

R0182tapurom500.jpg










アンコールワット

朝日を見るために5時出発真っ暗闇の中待つこと1時間で白々夜があけました
01R0261asa.jpg

雲が多くあきらめかけたころ朝日が昇ってきました
02R0271asahi.jpg

徐々に明るくなって池に塔が映し出されて見入ってしまいました
03R0262asay.jpg

入り口から見える塔はしんとして800年の歴史を感じました
04R0197iriguchi.jpg

入り口を入ると女神の像が迎えてくれますが惚れ惚れする美しさです
05R0206megami.jpg

塔の周りは芝生があり生活の貧しい人たちはあらゆる手段で観光者と接してきます。明らかに3歳くらいの子供などが絵葉書を売っていたり人形を売っていたりします。これは馬に乗せるために着飾った馬をつれて子供が来ていました

06R0211uma.jpg

夕日のすばらしい場所に行きましたが雲が多く結局ほんとうにすごいといわれる夕日は見ることが出来ませんでした
07R0240yuhi.jpg

ライオンの像が夕日に向かってほえているようでした
08R0242raion.jpg

夕日が見える場所に行くには急な昔の石段を登らなければならない、降りるときはかなり怖くて全員石段を這うように降りていました
09R0244kaidan.jpg







ベトナムのハロン市場
ベトナムは発展途上といわれているが活気あふれる市場を見ると一気に日本に近づいてくると思われる

R0017monouri500.jpg

R18machinai500.jpg

R0023yatai500.jpg

R0024kyuushigai500.jpg

R0025monouri500.jpg

R0026monouri500.jpg

R0030yasai500.jpg

R0032mameya500.jpg

R0035syakato500.jpg

R0074hanoimise500.jpg

R0075shisyu500.jpg

R0077rintaku500.jpg






ハロン湾
12/14-20、かねてから行きたかったベトナムの世界遺産ハロン湾、市場とアンコールワットに行ってきました。少しづつご紹介しますね。
ベトナムのハノイからハロン湾までは200Kでバスで約4時間

船着場から観光船に乗る。観光船は300艘くらいあるそうで大体30人乗り位で船内で海鮮料理を食べることが出来る。
12539haron500.jpg

風景は中国の桂林のようだと言われている。
12544haron500.jpg

観光船が行きかう
12585kankousen500.jpg

水上生活者が転々と住んでいる
12560suijyou2500.jpg

水上生活者
12563suijyou500.jpg

少年たちは器用に舟に乗る
12556ksyonen500.jpg

物売りが観光船の近くに寄ってくる
12557monouri500.jpg

この鍾乳洞はハロン湾の島のひとつにあり14年前に台風のとき非難したおじいさんが見つけたそうである。この穴から入ったとのことだが今はここからは入れない。
12524syou500.jpg

鍾乳洞には色がつけてあり照明があたってきれいな色だが色がないほうがいいと思っていたら今は世界遺産の中にあるので色などつけられない。
12520syounyu500.jpg








0812christ500.jpg
H20/12/6土曜日 日テレのあるカレッタ汐留のイルミネーションがTVで輝いていたので行ってみました。

日テレのイルミネーション、白一色で明るかったが寂しかった
12440shotome500.jpg

世界の人形達で出来ているツリー、ぽつんと飾ってあり、ヘェーと見ながら通り過ぎた
12444turi500.jpg

カレッタ汐留のツリーはきれいなようだが人人人で何も見えない手を伸ばして上から撮影
12446turi500.jpg

あちこちに趣味や手作りの店があり、これは鳥の羽そっくりに粘土作った羽でアクセサリーを作ってくれる店、かわせみの羽にそっくりなブローチを購入
12453kawasemi500.jpg


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。